お知らせ

冬にサボってはいけない?!冬場の手抜きがNGな掃除の場所って?

こんにちは!マツタホームです。

今回は冬場にこそサボってはいけない掃除の場所についてご紹介します。

 

ホコリが多いと菌が増える?!

冬場はさまざまなウイルスが活性化する季節。そのウイルスが感染するルートのひとつが、飛沫感染です。

ウイルスに感染した人の咳やくしゃみなどで飛び散った菌は、ホコリにくっついて空中に舞い、空気感染を起こす可能性があるのだとか。

 

つまり、ホコリが多いお家の中では菌に触れる機会も多くなるということなんです!

 

特に寝室やトイレなどホコリが多い場所、衣類や寝具などホコリが集まりやすいものは、夏以上にこまめな掃除が欠かせません。

 

手が触れる場所もこまめな掃除を!

頻繁に手を触れるところも汚れが溜まりやすく、菌の絶好の住処となるのひとつです。

 

ドアノブ、リモコン、電気のスイッチ、冷蔵庫の扉など、家族みんなが触れる機会の多い場所は接触感染のリスクがあるため、アルコールや除菌シートでこまめに掃除することをおすすめします。

 

そして、やはり外からのウイルスをお家の中に持ち込まないため、帰宅したらまず手洗いとうがいは必須です。

 

また、乾燥もウイルスが活性化する原因に。

マツタホームが採用している“ココカーサ”は、乾燥しにくい工法になっているから、ウイルス対策にもぴったりです!

PAGE TOP